ひとりSlackに続き、ひとりStockをやってみた

スポンサーリンク

ひとりSlackは継続中

2016/3から使いはじめたSlack

よりシームレスなチームワークを実現する、ビジネスコラボレーションハブ
Slack とはよりシームレスなチームワークを実現する、ビジネスコラボレーションハブです。業務に必要なメンバー、共有する情報、愛用のツールのすべてがひとつとなり、効率よく業務を遂行するための場です。

ビジネスチャットサービスですが、いわゆるひとりSlackで継続利用しています。なんだかんだで2年経ちました。

どんな使い方をしているかは、過去に投稿した記事をご覧ください。(また、この投稿の最後にSlack関連記事をまとめています)

http://workshop-plus.net/column/evernote-slack

この記事で書いたEvernoteとの連携は使っていないですね。

あと、to-do botという連携サービスもあります。(これは記事に書くほど使わなかった)

Slack上でタスク管理を行うサービスですが、iPhoneからの入力の手間もあり、実運用にはのりませんでした。常にMacBookで作業をしているのであれば、利用頻度は上がるかもしれない。

Slack
Slack + Workast The only tool you need to manage team work in Slack. Install Workast for slack Get your team onboard in less than 3 minutes Workast

Stockでチームでの情報共有やタスク管理をシンプルに

今回、Stockというサービスを見つけました。正式版がリリースされたとのこと。

Stock(ストック)|チームの情報を最も簡単に残せるツール
「Stock(ストック)」は、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。これ以上なくシンプルなツールで、「Stock(ストック)」を使えば、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。「Stock(ストック)」は、Androidアプリ、iphoneアプリにも対応しています。

チームでの情報共有やタスク管理が行えます。

2017/9にベータ版がリリースされ、2200社が利用したそうです。

チャットだと、どんどん情報が流れていくので、いまを把握するのはいいけど、そもそもなぜこの話になった?と遡るのは面倒。

ファイルを共有するのは、完成したものはいいけど、複数の人で意見を出し合いにくい。Dropbox Paperなんかは、Workshopの検討で使っていますが、人が多くなったらどうなんだろう?という気はします。

Paper – Dropbox
Dropbox Paper is a new type of document designed for creative work. Collaborate in real time, assign tasks, make to-do list and more. Start today!

そういう「情報の管理・蓄積」と「タスク管理」に特化したサービスがStockです。

今日ユーザ登録やiPhoneにアプリのダウンロードを行い使ってみました。

シンプルで使いやすいし、会社のチームでも導入したいなぁと思えますね。(会社ではいろいろ制約があり無理ですが)

プライベートでも、小規模なグループで何か一つの事を進めていくのにいいかもしれません。

ただ、ひとりStock”はあまり意味ないですね・・・Slackほど使い道がないというか、共有する相手のいない「情報」をストックしたり、自分でやるタスクしかないのであれば、Stockでなくてもいいですからね。EvernoteiPhoneなどのメモアプリでも同じですね。

Slack, LifeLog関連記事

069 Evernote × Slack
069 Evernote × Slack
今回は少しマニアックというか、Workshop PLUSとしては上級向け?になりますか・・・ 先日、Evernoteから発表がありました。 ”Slackとの新しい連携機能” Slackとは、2013年8月にアメリカで生...
ビジネスチャットSlackが日本語対応されました
ビジネスチャットSlackが日本語対応されました
ひとりSlack継続中です Column 069 Evernote × Slackでも書きましたが、1年半ほど一人で使っています。 いままでは英語環境での使用でしたが、ようやく日本語対応されました。英語環境でも日本語の表示はしますが、イ...
078 2018年の100のリストとLifelog
078 2018年の100のリストとLifelog
あけましておめでとうございます。 新年最初の投稿は、今年の100のリストの話。(昨年末の続きって感じですね) 100のリストは毎年の正月タスク 今のところ、75まで書き出しました。あまり時間をかけず、残りは思いついたら追加して行く...
079 Trelloを使って100のリストの実行管理
079 Trelloを使って100のリストの実行管理
100のリスト関係の投稿が続きます。 100のリストの実行計画を立てます この週末3連休は、100のリストをどう進めていくかを課題にしました。実行計画というほどではないですが、 すぐに着手できるもの しばらく経っ...
ひとりSlackをもう少し極めようか?
ひとりSlackをもう少し極めようか?
Slackのクレジットポイントがあるようだ 今日、iPhoneでSlackにReminder(/remind でBotにお願いできます)をセットしていて、何気なく見たこのページ。いまはどうやって開いたのかも、どこにあるのかも不明・・・ ...
IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直し
IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直し
ライフログをつける目的は ライフログについては、このブログでもちらほら出てきます。自分がいつ何をしたか?を出来るだけ楽に記録しておきたい。いまはMonentoというアプリに記録して、1日分ずつEvernote にコピー。Evernot...
LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し
LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し
IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直しということで、お試し3日目になりました。 IFTTTのアプレット登録 現在は、以下の8つのアプレットを作成。 毎日0:00に当日のノート作成 毎朝5...
LifeLog運用の変更まとめ・・・結果
LifeLog運用の変更まとめ・・・結果
Slackメインが使いやすい 前回の投稿「LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し」では、IFTTTを使いEvernoteに可能な限り自動的にライフログを記録するというのを目指した。 でも、試行中にSlackメ...
IFTTTのアプリは時間にルーズ??
IFTTTアプリは時間にルーズ??
LifeLog自動運用は順調 「LifeLog運用の変更まとめ・・・結果」にも書いていますが、IFTTT→Evernote でライフログの自動化を始めました。毎日日付が変わると、新しいノートが作成され、Logの記録が始まる。 I...
ひとりSlackで使うスラッシュコマンド
8/29更新:ひとりSlackで使うスラッシュコマンド
SlackでのLifeLog記録は見送りですが 先月、Slcakをメインにしたライフログ運用を考えたけど、最終的には見送りになった。 それでもSlcakはiPhoneに入っているアプリのなかでは、使用頻度が上位のもの。や...

コメント