LINK UNIT above the Title

Google I/O 2018で未来の技術が見えてきた

via Google

ふだんはApple関連(iPhoneやそのアプリ)が多いですが、Google I/Oも毎年楽しみなイベントの一つでもあります。AppleのWWDC(Worldwide Developers Conference)のように、夜中に起きてまでは観ませんけどね。
お風呂につかりながら、iPadで40分ほどのダイジェスト版を少し飛ばしながら観ました。こちらはフルバージョン → Google I/O’18:Google Keynote

Googleアシスタントが電話予約

これぞAIって感じ「Google Duplex」。どういう指示をGoogleアシスタントにしたのかはわからないけど、(飛ばしちゃったか?)美容室に電話して予約をしていた。ただ日時を連絡するだけでなく、相手の確認事項にもちゃんと反応して会話が成立している。そして予約もできた。(ビデオの1:56くらいから)

Google MapのARナビ

Visual positioning system. Mapとカメラがくっついて、実際の風景を見ながらナビが表示される。方向音痴なので使ってみたい。建物に入っている店舗情報も次々に表示されるので、探している場所がわかりづらくて通り過ぎてしまうことも減るかも?(ビデオの2:46くらい)

Google Lensの新機能

Smart Text Selectionという、カメラで写した文字をそのままググれる機能。カメラで写した文字を選択すると、下からその検索結果を出してくれる。メニューの文字を選択すると、その料理の写真が出てきた。まぁ、出てきた写真がイマイチだったら、レストランにとっては営業妨害になるかもしれないけどね・・・
でも、海外でメニューを見て、これはなんだろう?と思う時に、Google検索して見るけど、その手間が省けるね。(ビデオの2:50くらい)
Style Matchもこれから進化するかもね。カメラに写した商品が、値段とともに表示される。そのまま買い物できたりすれば、Googleはおいしいのかもなぁ。

このサイトでは、あまりAndroidネタは出ませんが、過去のコラムでAndroidのコードネームのことを書いています。
060 コードネーム
ちょうどAndroid8.0 Oreoが公開された時ですね。そして今年はPで始まるスイーツの名前です。まだ何かはわかりません・・・

LINK UNIT under the Text
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。