Googleレンズが、iPhoneでも使えるようになりました!

スポンサーリンク

昨年5月の「Google I/O 2017」で発表されたGoogleレンズ。

Google Assistant」の拡張機能として追加されるもので、撮った写真をAIで解析して情報を表示しています。

GoogleのスマホPixelシリーズだけで使えていたGoogleレンズですが、3/5に全てのAndroidスマホで使えるようになりました。

そして、iOSGoogle PhotosUpdateされ、iPhoneでも利用可能に。(順次適用と書かれています)

Googleレンズって??

写真に写っているものを解析し、Google検索できるというものです。例えば、道できれいな花を見つけたので検索!とか。

まずは、Google Photosを最新版にupdateする必要があります。

Google Lens適用前はこのマーク

写真を選択すると、以前は「情報」だったところが、レンズマーク?に変わりました。そのマークをタップすると解析が始まります。

Google Lens適用後

 

そう、カメラで写して検索ではなく、撮った写真で検索ですね。

試しに、成田山新勝寺の塔を解析してみると・・・

解析中

ちゃんとわかってもらえたようです。

まだ解析できないものも多くありますが、少し引いた写真だと、周りの建物なども含めて解析するのか、特定できる場合もあるようです。

桜の木全体を解析すると、わかってもらえましたが、何桜かは出ませんでした。花びらのアップだと大丈夫なんだろうか?また機会があれば、Googleレンズの性能評価用の写真を撮って試したいですね。

※5/10追記

Googleフォトのヘルプに記載がありますが、最新版のアプリをインストールすれば使えますが、端末の言語を英語に設定する必要があります。現時点でもその記載は消えていないので、まだダメなようですね。

※5/12追記

いままではiPhoneだけで記事を書いていましたが、本日Jelly Proを使うことがあったので、Android 7.0(Nougat)で確認しました。やはり端末の言語設定だと最新のGoogleフォトアプリでもレンズ機能は使えません。英語に変更すると、すぐにメニューが変わりました。

そして、ちゃんと検索もしてくれました。

 

コメント