IFTTTの使い方 最初の一歩!

スポンサーリンク

IFTTT(イフト)で手間を削減

IFTTTと書いてイフトと読みます。

  • If
  • This
  • Then
  • That

という、だれでも知っているであろう英単語が並んでいるだけのものですが、初めてみた人は「なんのこっちゃ?」かと思います。

もし、thisなら(then)thatする・・・なんですが、母親に「これアレしといて」と言われているようなもんですね。

IFTTTでふだんの作業を自動化

一言でいうと、「あるサービスでこんなことがあったら、このサービスにあんなことをする。」・・・わかりづらい。

「このアプリでこんな通知が来たら、このアプリに投稿する。」・・・イマイチ。

「Instagramに投稿したら、その写真をGoogleドライブに保管する」「TwitterでAさんが投稿したら、Gmailにメールを送る。」

こんなことが自動的に行えます。

「なんでそんなことするの?」と言われると困りますが、先ほどの例のアプリ名を他のものに変えたりすれば、いつも自分が手作業で行なっているものが当てはまるかもしれません。

そういう、何か自分でチェックしたり、情報を切り取って1箇所に集めていたりしていたら、それをIFTTTに登録して自動化できますよ、というツールです。

IFTTTを使うためにはユーザー登録から

当たり前ですが、サービスを利用するのでユーザー登録が必要です。サービスの利用は無料です。

英語サイトしかありませんが、メールアドレスを登録するだけです。

サービス登録を行う際は、GoogleやFacebook など他のアカウント連携でサインアップするのは楽ですが、基本的にはメールアドレスと個別のパスワードで登録しています。

ただ、IFTTTでの自動化対象に、GmailやTwitterなどのアカウントを連携するものがあったので、Googleアカウントでサインアップしました。

IFTTTの用語を覚えましょう

  • Applet(アプレット): 作業の単位とでもいいますか
  • Trigger(トリガー): 起因となるもの
  • Action (アクション): 実行すること

まぁ、あまり気にしなくてもいいですね。

IFTTTでアプレットを作ってみる

アプレットは人が作ったものも、たくさん公開されています。IFTTTの最初の画面にある「Discover」がそれです。

作りたいものがあればいいですが、たくさんの中から探すのも大変なので、自分で作った方が早いです。

Twitter で「自分のアカウントがフォローされたらSlackに通知」を作ってみましょう。(iPhone のIFTTTアプリで解説します)

トリガーとなるサービスを選ぶ

MyAppletを開くと、すごくシンプルな画面に変わります。そして「this」のところに+が表示されている。ここをタップするとトリガーとなるサービスが表示されます。

ここもサービスがたくさん表示されてじゃまなので、サービス名を入力します。

Twitter なら3文字くらいで絞り込まれます。

Twitterのアイコンをタップすると、トリガーとなる内容が10個表示されます。

  • 自分が新規投稿をした時
  • 自分の投稿に特定のハッシュタグを入れた時

などです。

「フォローされたら」なので「New follower」を、タップ。

トリガーの選択はこれで終わり。

アクションしたいサービスを選ぶ

「that」でトリガーと同じようにアクションを選びましょう。

「slack」を選ぶと、アクションは「post to channel」のみです。

詳細の設定

アクションを選んだら、詳細設定画面が表示されます。

Slackのどのチャンネルにポストするか? や

Direct MessageやPrivate Group も選べます。

ポストするメッセージの内容を「Message」で編集します。

少し小さいフォントで薄いグレーの網掛けは、Twitterが持っている情報で、追加削除も可能。削除する場合は、タップしてキーボードの削除キー、追加する場合は、Messageの中で挿入したい部分をタップして「Add Ingredient」(材料の追加)をタップすると、候補が表示されるので、必要なものを選んで「Insert」です。

タイトルやURLなども合わせて投稿可能です。

頻繁に来るものなら、あまり情報が多いと面倒だったりするので、タイトルとかは何も書かないということも可能です。(リンクばっかりになるので消すことが多いです)

そして、「Create Action」をタップするとアプレットの完成。My Appletsにタイトルが表示されます。

タイトルも後から修正できるので、自分がわかりやすく短いのにするといいですね。

Twitter関連では、「特定の人が投稿したら通知する」ということも可能です。投稿は少ないけど見逃したくなという人を作っておくといいですね。

Apple CEOのTim CookがTwitterに投稿したら、Slackbotに通知しています。

タイトルやサムネイルのURLはいらないので削除しています。Messageも「Text」で投稿内容が表示され、(via Twitter そのTweetのURL)と必要最低限にしています。

実際にTim CookがTwitterに投稿したらこんな感じで、Slackに表示されます。

使い方次第で作業の効率化や時間削減になります

IFTTTを使い始めたのは、 LifeLogをできるだけ自動的に記録できないか?という試みと、iPhoneにあるいろんなアプリに通知が来るけど、必要なものをそうでないものが混ざっていることがある。メールなんかも、電車の遅延情報はタイムリーに知りたいけど、広告メールは通知すらいらない・・・それをIFTTTでうまくコントロールし、Slackに必要な通知を集めるようにしました。

IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直し
ライフログをつける目的は ライフログについては、このブログでもちらほら出てきます。自分がいつ何をしたか?を出来るだけ楽に記録しておきたい。いまはMonentoというアプリに記録して、1日分ずつEvernote にコピー。Evernot...
Slackでライフログ運用・気になる情報をストックしていく
ひとりSlack運用継続しています このサイトでは何度かSlackやライフログの記事を書いていますが、今回はウェブクリップについて。 LifeLogはEvernoteに集約する・・・というのが基本にしています。これは検索する場所を一...

これらのリンク以外にも、SlackやLifelog関連の記事がありますので、興味がわいたら参考にご覧ください。

Slack, LifeLog関連記事

069 Evernote × Slack
069 Evernote × Slack
今回は少しマニアックというか、Workshop PLUSとしては上級向け?になりますか・・・ 先日、Evernoteから発表がありました。 ”Slackとの新しい連携機能” Slackとは、2013年8月にアメリカで生...
ビジネスチャットSlackが日本語対応されました
ビジネスチャットSlackが日本語対応されました
ひとりSlack継続中です Column 069 Evernote × Slackでも書きましたが、1年半ほど一人で使っています。 いままでは英語環境での使用でしたが、ようやく日本語対応されました。英語環境でも日本語の表示はしますが、イ...
078 2018年の100のリストとLifelog
078 2018年の100のリストとLifelog
あけましておめでとうございます。 新年最初の投稿は、今年の100のリストの話。(昨年末の続きって感じですね) 100のリストは毎年の正月タスク 今のところ、75まで書き出しました。あまり時間をかけず、残りは思いついたら追加して行く...
079 Trelloを使って100のリストの実行管理
079 Trelloを使って100のリストの実行管理
100のリスト関係の投稿が続きます。 100のリストの実行計画を立てます この週末3連休は、100のリストをどう進めていくかを課題にしました。実行計画というほどではないですが、 すぐに着手できるもの しばらく経っ...
ひとりSlackに続き、ひとりStockをやってみた
ひとりSlackに続き、ひとりStockをやってみた
ひとりSlackは継続中 2016/3から使いはじめたSlack ビジネスチャットサービスですが、いわゆる”ひとりSlack”で継続利用しています。なんだかんだで2年経ちました。 どんな使い方をしているかは、過去に投稿した記事...
ひとりSlackをもう少し極めようか?
ひとりSlackをもう少し極めようか?
Slackのクレジットポイントがあるようだ 今日、iPhoneでSlackにReminder(/remind でBotにお願いできます)をセットしていて、何気なく見たこのページ。いまはどうやって開いたのかも、どこにあるのかも不明・・・ ...
IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直し
IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直し
ライフログをつける目的は ライフログについては、このブログでもちらほら出てきます。自分がいつ何をしたか?を出来るだけ楽に記録しておきたい。いまはMonentoというアプリに記録して、1日分ずつEvernote にコピー。Evernot...
LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し
LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し
IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直しということで、お試し3日目になりました。 IFTTTのアプレット登録 現在は、以下の8つのアプレットを作成。 毎日0:00に当日のノート作成 毎朝5...
LifeLog運用の変更まとめ・・・結果
LifeLog運用の変更まとめ・・・結果
Slackメインが使いやすい 前回の投稿「LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し」では、IFTTTを使いEvernoteに可能な限り自動的にライフログを記録するというのを目指した。 でも、試行中にSlackメ...
IFTTTのアプリは時間にルーズ??
IFTTTアプリは時間にルーズ??
LifeLog自動運用は順調 「LifeLog運用の変更まとめ・・・結果」にも書いていますが、IFTTT→Evernote でライフログの自動化を始めました。毎日日付が変わると、新しいノートが作成され、Logの記録が始まる。 I...
つけたことないけど気になっている「しないことリスト」
つけたことないけど気になっている「しないことリスト」
たまに見かけるキーワード ToDoリストの反対で、Not ToDoリスト。しないことリスト。 一度やってみようか?なんて思いつつ、実行していない。言葉は違うけど、「2018年の100のリスト」にも「やらないことリストを作成し無駄な時...
ひとりSlackで使うスラッシュコマンド
8/29更新:ひとりSlackで使うスラッシュコマンド
SlackでのLifeLog記録は見送りですが 先月、Slcakをメインにしたライフログ運用を考えたけど、最終的には見送りになった。 それでもSlcakはiPhoneに入っているアプリのなかでは、使用頻度が上位のもの。や...