LINK UNIT above the Title

久しぶりにMacBook Airで作業

非自動保存のデータ

ほとんど出番がなくなったMacBook Airですが、たまに30分くらい作業することがあります。クラウドに保管しないファイルのバックアップ。

現在は写真やいろんなドキュメントファイルは、iCloudをはじめとするクラウドストレージに保管しています。保管するというか、勝手にバックアップされている。

でも、お役所に提出した書類や、人間ドックなんかの結果は、あまりクラウドにも置いておきたくない。気持ち的なものなんでしょうけどね。

そういうものは、MacBook Airのローカルドライブに保管し、Time Machine でもバックアップ。

あと、それなりに容量があるので、Google Driveだけに保管しているものなどは、外付けHDDにもバックアップ。これをしばらくやっていなかったなぁということでした。

macOSも最新でなかったので、1時間ほどかけてこれらの作業を行いました。

数年前は頻繁に行なっていた定例作業

途中からファンが回りしんどそうなAirですが、HDD2台を同時に使えるし、こういう時は便利ですね。でも、こういう使い方を懐かしく感じるし、面倒臭いとも思える。

ただ、アップルマークが光って見えるボディは愛着があります。

手間の原因はメインマシンがないこと?

MacBookAirもサブマシンとしての位置付けで、メインマシンがないのが原因かもしれませんね。メインマシンにデータは全てあり、Time Machineで常にバックアップは取られている。そして必要なものはクラウドにも自動保存される。MacBookなどはそのデータから必要なものだけを使う。

まぁ、いまさらそこまでの作業は行わないので、たまに面倒臭い作業をしながら、過去を振り返るのもいいか。

LINK UNIT under the Text
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。