LINK UNIT above the Title

Appleから「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」が発表されました

旧モデルと比較して2倍の不具合

2016年以降のMacBookやMacBook Proに搭載されているバタフライ式キーボード。不具合が多いと集団訴訟にまで発展しています。

個人的には、MacBook Airが一番フィットする感じだったけど、MacBookも1年以上使っていると、このバタフライ式キーボードにすっかり慣れてしまった。MacBook Airを触ると、懐かしく感じるくらい。でも、いまのところ「不具合」は出ていないかな。

Appleも降参して修理プログラムを発表

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

MacBookユーザーで、キーボードの調子が悪いと思っている方は確認されてはどうでしょうか。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム

キーボードの不具合

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

対象モデル

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)

自分のMacBookがどのモデルかを確認するには、Apple () メニュー >「この Mac について」を見てください。

LINK UNIT under the Text
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。