鉛筆のようになめらかに書ける、六角ラバーグリップのシャーペン

スポンサーリンク

シャーペンも永らく使っていない

1月ほど前に「ペーパーメイトのイカしたペンセット」を購入して、シャーペンや鉛筆も手にしました。鉛筆は物珍しさもあり、リビングの机の上にメモと一緒に並んでいます。なんかいいですね。字が書けなくなってきたら削って。ゆったりした気分にもなる。

でも、シャーペンは使わない・・・

シャーペンは試験用

シャーペンを使うのって、何か試験を受けにいく時くらい。ここ数年受けていないので、使う機会もない。

いまうちにあるのは、カップヌードルミュージアムで買った、0.9mmのシャーペン。鉛筆と同じサイズくらいで形も六角。これはこれでアイデア出しとかするときにはいい。(でも使っていない)

この前、文具コーナーを物色していて見かけたシャーペン。「鉛筆をみなおした感」があるので、気になっていた。

07mm0.9mm1.3mm3種類。こんなシャーペンもいいか?と0.9mmのを買ってみた。(鉛筆シャープ TypeS

カップヌードルミュージアムのは、軸のサイズも鉛筆くらい。ラバーグリップとかは付いていないので少し滑る。

鉛筆シャープは、ちょっと太いかなぁ。六角形だけど鉛筆のような感覚はない。でも、滑らないし書きやすい太さかも。

最近のシャーペンってすごく進化しているよね?

ノックしなくても芯が出たり、芯が回転して常に同じ太さで字が書けたり。

この鉛筆シャーペンは、そういう進化系シャーペンではないです。

書いていると字が太くなっていくし、そのうち芯がなくなってかすれてくるし・・・

まさに鉛筆

でも、ちょこっと試し書きしている分にはいいけど、やはりノックして芯を出すというのが、億劫になっていることに気づく。

学生の頃そんなこと気にしてただろうか・・・

指先部分にノックがついていたり、振れば芯が進んだり、軽く曲げると芯が出るのもあったかな。

いまの学生、特に受験生とかは、進化系シャーペンで、少しでも効率的にノートをとっているのか?

いまの時代に学生だったら、機能ばかり追っかけて勉強手につかないかもな。

カプヌードルミュージアムのシャーペンと一緒に写っているノート。

ロイヒトトゥルムとのコラボです。白がきれいで汚れちゃうか・・・と、貧乏性で使わないまま残っている。

 

コメント