パルテノン多摩 大ホールでオーケストラ鑑賞

スポンサーリンク

よくわからなくてもOK

パルテノン多摩で開催の「Spring Concert 首都大学東京管弦楽団」を聴いてきました。人生でまともに取り組んだ楽器は、中学校時代のアコースティック・ギターくらい。ハワイでウクレレ講座受けたこともあるけど、自宅では長続きしなかった。

それでも、この手のコンサートはたまに行くことがあるかな。たいていは無料やカンパや500円とかレベルで行けるもの。素人なので有名なプロの楽団であっても、違いがわからないので、楽しめればOKなのです。今回のコンサートも自分の感性ではすごいなぁと思える人たちでした。

オーボエは心地いい音

ゲストと言っていいのかわからないけど、オーボエ奏者の池田昭子さんも参加。のだめ カンタービレでオーボエの吹き替えをされた人らしい。モーツァルト・オーボエ協奏曲も、今日の演目に入っていた。

ちなみに、オーボエを見せられても、クラリネット?というくらいしか認識できないです。吹き口と先の形状(つまり両端)が違うのね。

そして、オーボエ独奏は心地よすぎて睡魔がなんども襲ってきた。

パルテノン多摩も老朽化

多摩センターのシンボルでもあるパルテノン多摩。昭和62年開館で30年以上経過。改修工事計画も進んでいるようです。

こういう本格的なコンサートホールがあり、いろんな催し物がいつも開催されている。今回のような登録しておけば無料で楽しめるものも多く、そういうものが利用できる環境に住んでいるのは幸せなことです。

コメント