ひとりSlackに続き、ひとりStockをやってみた

スポンサーリンク

ひとりSlackは継続中

2016/3から使いはじめたSlack

ビジネスチャットサービスですが、いわゆるひとりSlack”で継続利用しています。なんだかんだで2年経ちました。

どんな使い方をしているかは、過去に投稿した記事をご覧ください。

069 Evernote × Slack

この記事で書いたEvernoteとの連携は使っていないですね。

あと、to-do botという連携サービスもあります。(これは記事に書くほど使わなかった)

Slack上でタスク管理を行うサービスですが、iPhoneからの入力の手間もあり、実運用にはのりませんでした。常にMacBookで作業をしているのであれば、利用頻度は上がるかもしれない。

チームでの情報共有やタスク管理をシンプルに

今回、Stockというサービスを見つけました。正式版がリリースされたとのこと。

チームでの情報共有やタスク管理が行えます。

2017/9にベータ版がリリースされ、2200社が利用したそうです。

チャットだと、どんどん情報が流れていくので、いまを把握するのはいいけど、そもそもなぜこの話になった?と遡るのは面倒。

ファイルを共有するのは、完成したものはいいけど、複数の人で意見を出し合いにくい。Dropbox Paperなんかは、Workshopの検討で使っていますが、人が多くなったらどうなんだろう?という気はします。

そういう「情報の管理・蓄積」と「タスク管理」に特化したサービスがStockです。

今日ユーザ登録やiPhoneにアプリのダウンロードを行い使ってみました。

シンプルで使いやすいし、会社のチームでも導入したいなぁと思えますね。(会社ではいろいろ制約があり無理ですが)

プライベートでも、小規模なグループで何か一つの事を進めていくのにいいかもしれません。

ただ、ひとりStock”はあまり意味ないですね・・・Slackほど使い道がないというか、共有する相手のいない「情報」をストックしたり、自分でやるタスクしかないのであれば、Stockでなくてもいいですからね。EvernoteiPhoneなどのメモアプリでも同じですね。

 

Slack関連記事

  1. 069 Evernote × Slack
  2. ビジネスチャットSlackが日本語対応されました
  3. ひとりSlackをもう少し極めようか?
  4. IFTTT-Evernote連携でLifeLogの見直し
  5. LifeLog運用の変更まとめ・・・結論は持ち越し
  6. LifeLog運用の変更まとめ・・・結果

コメント