Google+の一般向けサービスも2019年8月に終了

スポンサーリンク

SNSとしては盛り上がらなかった?

FacebookやTwitterなどと対抗するように、2011年にリリースされたGoogle+。先日のクローズドSNS「Pass」に続き、サービス終了となります。「Pass」よりは有効に使っていたかなぁ。

クローズドSNSのPassがサービス終了
10/18でPassのサービスは停止 2010年にリリースされた、より近い人だけで繋がることを目的にした、クローズドSNSのPass。お試しで使っただけで、誰とも繋がらなかったと思うけど、サービス終了となりました。 150人しか...

Google+「使われていない」ということが要因

Google の発表では「ユーザーからの広い支持を得るには至らなかった」ということです。

セッションタイムの90%以上が5秒以内ということなので、Blogなどをみていて、シェアボタンを触ってしまった・・・というレベルのアクセスがほとんどなんでしょうね。

データ漏洩のバグも発見されている

さらに2018年3月には「50万人以上のユーザーデータ流出につながる可能性のあるバグが発見されていた」とのことです。

実際にはそのバグが原因で、情報が漏れたことはないそうで、すでに修正も適用されています。

Google+は写真の公開場所に使っていた

招待制で始まったGoogle+ですが、運よく招待コードを手に入れて、早くから使っていた。最初の投稿は、2011年10月29日。Twitterのような使い方で模索し始めたところかな。

最終的には、写真をメインにシェアしてたし、フォローしている人やサークルも写真関連が多い。

バックアップするかどうか

来年の夏にはサービス終了となるので、データをバックアップして保存するか?

現在使っていないし、読み返すこともないので、おそらく必要ないんだろうなぁ・・・

また時期が来たら読み返して懐かしんでみるか。でも、それで終わるような気もする。

Blog
この投稿をシェアする
FKをフォローする
スポンサーリンク
Workshop PLUS