WealthNaviで投資を始めました

Workshopとあまり関係ないし、まったくのど素人知識レベルです。「iPhoneWealthNavi のアプリ使っています」というのがこのサイトの関連キーワードでしょうか・・・

フィンテック(FinTech)って?

フィンテックという言葉がありますが、金融=ファイナンス( Finance)と技術=テクノロジー(Technology)を組み合わせた言葉です。そして、WealthNavi とは、ロボアドバイザーによる資産運用サービスです。これもフィンテックの一環でAIによる自動投資です。診断結果に基づいて、投資先を自動判断してくれます。ひとことで言えば「機械に丸投げ」です。

WealthNaviは10万円から取引可能

いままでは30万円が最低金額でしたが、機能改善により10万円から可能になりました。「10万円ならやってみてもいいか」と思い口座開設。本日から運用開始しました。運用プラン診断ではリスク2でしたが、少し冒険してリスク3で開始。半年くらいは追加投資含め何もせず、状況観察してみます。

資産運用を考えたのは3回目くらいです

最初はバブルの時。どんな商品に預ければいいかを、少ない給料から考えたものでした。そして次は株。自分には向いてないなぁというのが株取引の印象。気になってしまってダメですね。現在は銀行で出している元本保証の商品や、最近では仕組預金くらい(これも満期が来て終了しました)。

昨年末から準備を始め、今年から少しでも将来のためにお金を増やせないかと考えました。財形貯蓄や若干利息の高い(あまり意味はない)定期預金などと、リスクを考えつつ投資信託の2本立てにしました。

WealthNaviは新しいものへの好奇心です

投資信託も時間かけて比較したものの、無難なところに落ち着いた感じです。WealthNaviに関しては、単にどんなものか試してみたいという、好奇心だけです。10万円あれば、近場の温泉旅行なら3回くらい行けますが、勉強の意味での投資ですね。

それよりも、既存の銀行口座で投資信託口座開設、証券会社に口座開設、WealthNavi口座開設と行いました。3つの口座それぞれにマイナンバーと免許証などの本人確認書類の提供が必要。税絡みのことで仕方ないことですが、面倒臭いですね。

まぁ、予定通り1月から始めることができたので、今年の目標1つクリアです。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。