LINK UNIT above the Title

069 Evernote × Slack

今回は少しマニアックというか、Workshop PLUSとしては上級向け?になりますか・・・

先日、Evernoteから発表がありました。

”Slackとの新しい連携機能

evernote×Slack

Slackとは、20138月にアメリカで生まれた、ビジネス向けチャットサービスです。ITベンチャーなどは、どんどん採用しているのではないでしょうか?

でも、私も使う場所というか仕事とか含めて、周りに利用者はいません。会社のチームでも使えばいろいろ有効だろうなぁとは思いますが、そうそうこの手のものは採用してもらえません。でも使ってみたかったので、夫婦でのメッセージ(iMessageを一時期切り替えた感じです)で使い始めました。

機能としては、

  • チャンネル:チャットルームのようなもの
  • プライベートチャンネル:参加者を制限できる。個人利用も可
  • メッセージ
  • BOT

などがあります。

Slackをひとりで1年半使っています

夫婦間の試行は3ヶ月くらいで終了しました。

  • プライベートチャットをiMessegeの代わりに使用
  • 共有チャンネルにはWebで見つけた情報やReminder

普通に代替手段として使えました。Slackを使うメリットとしては、他システムとの連携がものすごく便利です。それは夫婦間では使うことなないので、いまはひとりで使っています。このColumnを書きながら確認したら、もう1年半も使っているので、けっこう気に入っているのでしょう。

IFTTTにチェックを任せ通知はSlackに集約

IFTTT

  • 明日の天気予報
  • 電車の運行情報のアラート
  • Twitterでフォローしている逃したくない人のpost
  • 会社や最寄駅付近に到着/離れた時のLog

などを集めてSlackに転送しています。

おそらく、これを読んでもわからないかもしれませんが、本来ならGmailTwitterなど複数のアプリにそれぞれ通知され、それをチェックすることになります。それをSlackに送ることで、1箇所で確認できるようにしています。ほんとはLifeLogSlackに集約したいのですが、無料プランなのでデータのExportができません。バックアップが取れないことになるので、そういう残しておきたいデータの蓄積は行えないです。とりあえず、見て捨てる情報を一ヶ所にまとめている感じです。

SlackとEvernotenの連携

そして本題、Evernoteとの連携。Slackにはコマンドを入力していろんな作業が行えます。/remind でリマインダーの設定ができたりします。/note でメモを書き始めると、Evernoteのノートに追加書き出ししてくれます。1日分終われば、ノートの名前を日付に変えれば、その日のノートが出来上がります。ただ、メモを送った時間がつかないので、LifeLogとしては少し物足りないかもしれません。

evernote×Slack

Slackのコマンド/noteでEvernoteにメモを送信

ここまでの内容だと、この機能を便利なものととらえているように見えるでしょうが、おそらく使わないですね。機能としていいか悪いかではなく、現時点でSlackの使い方が、通知を一手に引き受けてもらっている・・・なので、メモなどのアウトプットを行う場所ではないからです。MacPCで作業するときに、Slackでメッセージやチャットのやりとりを行なっているのであれば、その流れで同じプラットフォームでメモも書いていけるなら便利ですね。

EvernoteもSlackも長らくiPhoneのホーム画面に鎮座している好きなアプリです。こうやって、前向きに機能が増えていくことは楽く嬉しいことですね。

evernote×Slack

EvernoteにSlackから送られたメモが追加されました

LINK UNIT under the Text
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。