083 モバイルバッテリーが電気用品安全法の規制対象となります

モバイルバッテリーにも電気用品安全法が適用される

スマホが必需品になって、日常的に使っている人も多いかと思いますモバイルバッテリー。ポータブルリチウムイオン蓄電池が正式名称ですが、電気用品安全法に基づく規制対象と扱うことになりました。これは経済産業省からの発表で、1年間は経過措置がありますが、201921日から正式適用とのこと。

「リチウムイオン蓄電池」はもともとその規制対象でしたが、「ポータブル」の方は電気用品から外れていました。でも、最近モバイルバッテリーが発火とか、その手の事故が増えていることから適用されることになったようです。

来年以降はPSEマークがついたものを購入しましょう

これは販売する側が、PSEマーク(安全基準適合商品)がついたものしか販売できないことになります。購入する側は「安い!」と思ったらPSEマークがなかったということがないかくらいを確認すればいいかもしれませんね。

Workshopの時にJelly Proに繋げて使っているモバイルバッテリー。これしか持っていませんが、PSEマークはないですね。現時点ではつけなくてもいい製品なので当然かもしれませんが・・・

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。