LINK UNIT above the Title

iOS 12では、3D Touch非対応のiPhoneでもトラックパッド機能が利用可能になる

iPhoneの3D Touch使っていますか?

タイトルを見て「なに?iPhoneでトラックパッド?」と思われる方も多いのでは?

iPhone 6s(6s plus)以降の機種では、画面を少し強く押すと、機能メニューが表示されたり、写真や書類をプレビューしたりできます。

でも、あまり使っていないんですよね・・・ついついふつうにタップしてしまう。

アプリアイコンを強く押し込むとメニューが表示される

iPhoneでトラックパッドって?

トラックパッドはMacBookなどのキーボードの手前についている、マウスの代わりにカーソルを操作するところです。

そして、このiPhoneでのトラックパッド機能、6/10のiPhone講座@Gallery TAKAOで、キーボードの説明の際に使ってみたところ、誰も知らなかったですね。一番ウケたかも??

iPhoneのトラックパッドはどうやって使う??

まずは文字を入力する場面の時、キーボードが表示されたときですね。キーボード上を少し強めに押すと、キーボードの文字が消えます。そしてそのまま指を動かすと、カーソルが指の動きに合わせてするする動く。

  • 入力ミスに気づいて文章の途中にカーソルを動かしたい
  • 同じフレーズをコピペしたい

という時に便利です。

実際に使うと、カーソルを動かすのは簡単ですが、センテンスの選択は少し慣れないとダメかもしれないです。練習しましょう!

iOS12では3D Touch非対応のデバイスでも使えるようになる?

秋にリリースが予定されているiOS 12。新型iPhoneの中には3D Touch非対応のものがあるうわさです。それは、この機能が非対応でも使えるから・・・という予想になっているんですね。

まぁ、そのうわさが現実になるかは秋までわかりませんが、iPhone 6s以降の機種を利用されている方は、いまでもトラックパッドは使えるので、試してみましょう。

LINK UNIT under the Text
スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。